東洋医学・鍼灸

西洋医学と東洋医学の​融合を目指します◉

【東洋医学&西洋医学とは】

東洋医学とは、アジア圏で発生した伝統医学の総称で、主に古代中国で発生した中国伝統医学(漢方、鍼灸、按摩、養生法、薬膳・薬草茶など)を指します。東洋医学の最も大きな特徴は「思想」であり、人も自然の中の一つであり、自然界のすべてのものはお互いが関係し影響しあっており、人体の内部の仕組みも自然の中の一つと考えてられています。

現代西洋医学では、細胞の組織や器官などはそれぞれ独立しているという考えから、臓器別にそれぞれ専門医が携わる、縦割りの医療が行われることが多いです。それに対して東洋医学では、細胞や組織、器官などは異なった機能を持ちながらも、全体としてつながっている一つの自然として考えます。当院は現代西洋医学を否定するのではなく、それだけでは解決できない部分に東洋医学を組み合わせて、理想的な治療をめざします。原因不明の痛みなどでお悩みの方は、当院をお試しください。

●こんな症状の方は、ぜひ当院にご相談ください
・頭痛(片頭痛、緊張型頭痛)
・首や肩、背中や腕にかけての痛み
・腰痛、坐骨神経痛、膝痛
・寝違い
・帯状疱疹後の神経痛
・肋間神経痛
・更年期障害による症状
・うつ症状

【鍼灸施術が不安な方へ】

鍼灸治療は「痛そう」「怖い」というイメージがあるようですが、実際には多くの患者様は痛みを感じることなく心地よく治療を受けられています。当院の鍼灸治療に使う鍼は、人の髪の毛(0.1ミリ)程度と極めて細く、痛みも感じにくいのです。材質は折れにくいステンレス製で、もちろん患者様ごとに使い捨てていますので、衛生面でも安心・安全に治療を受けて頂けます。

痛みを抑える鎮痛作用があります。
鍼灸治療を行うことで、脳に痛みを制御するホルモン物質がつくられ、痛みを脳に伝える神経経路をブロックすることで痛みを抑えます。また、患部の血行を調整し白血球を増加させ、痛み、疲労、炎症の原因となる物質を老廃物として排出する作用を持ちます。自然治癒力を高め、痛みを抑えるなどの効果がある鍼治療を継続していくことにより、体質を強く変化させ、自律神経系やアレルギー体質を改善していくことが期待できます。