リクルート

​求人は、まずお気軽にご連絡下さい

【リクルートのコラム】

 10年後の自分は、今の会社でどんな風に働いているか一度想像してみてみましょう!そこには「こうありたい」と思う自分の未来像が描けているでしょうか?希望通り、またはそれに近い働き方ができているでしょうか?

 例えば、今「仕事を辞めたい」と思っていても、やりたかった仕事を始めたばかりで、経験が浅い為に上手くいっていない場合や、将来高い確率で希望の仕事を任せてもらえそうな場合など、今の仕事や会社で経験値を積むことによって事態が良い方向へ変わり、納得できる未来イメージをすることであれば、まずはそこに向かって今の会社で頑張ってみることをお勧めします!!

 ただ、例えば自分の上司の姿を見て、仮に自分がそのポジションにステップアップできたとしても、その状態にワクワクしない、自分がやりたいことではないと思ってしまった場合。あるいは、今の会社の経営方針では、自分が「辞めたい」と思っている原因が取り除かれる可能性が見込めない、そう考えるなら、転職活動を始めたほうがよいでしょう!!

 それから、時間の視点がとても重要だと思います。今いる会社で「辞めたい」原因を解決するのにかかる時間はどれくらいでしょうか?

 10年後を想像してみて、自分の働きかけが上手くいけば好転するかもしれない…そう考える人もいるでしょう。例えば、自分を評価する直属の上司との関係が上手くいかず、修復できない状況に陥ってしまい、それが「辞めたい」につながっている場合。「もし、上司または自分が異動になれば、自分が再び活躍できるかも」と考えるかもしれません。

 あるいは、希望の部署や新しい事業にチャレンジしたいと思って上司や周りに働きかけているのに、異動希望が叶わない、前に進めさせてもらえないことが、「辞めたい」気持ちにつながっている場合。「自分の頑張りが足りないのではないか」「もっと上手いやり方をすれば道が開けるのではないか」と、自分に厳しい人ならそう考えてもおかしくありません。

 しかし、その問題を解決するのにいったいどれくらい時間がかかるでしょうか?1年や2年で解決が見込める可能性が高いなら、それに向かって努力するのも一つの選択肢でしょう。しかし、人事異動は予測できないことがほとんどですし、新規事業にオッケーが出るまで、自分の努力だけではどうにもできないことがあります。将来の自分がやりたいことが、実際にやれるまでの時間と、自分の描くやりたいことのバランスを考えてみるのもいいかもしれません。

 仕事は誰かの問題を解決することが根底になっていることが多いと思います。我々の仕事も基本的に誰かの問題を解決していくことです。問題解決の方法は様々ですが、悩んでいるときは視野が狭くなるのも人間の特性です。今の問題をどのような視点でみるかと解決できるまでの時間によっても、答えが変わるのかもしれません。

 今後、当院は運と機会があればこれまでの経験を活かして、海外事業も含め、事業を拡大していきたいと思っています。当院は、「世の中の生活がもっと豊かに、そして自分らしく過ごせる為のライフスタイルの提案」を目的に、地域の方々と提携を取りながら、新しいこと・ものを作っていきたいと思っております。興味のある方は是非一度、ご連絡頂ければと思います。

現在、柔道整復師または鍼灸師を1名募集しております。当院のコンセプトに賛同して頂ける方をお待ちしております。まずはお気軽にご連絡下さい。